過払い請求のメリット、デメリット

血糖値測定器の上限

 週に三回、食前食後の血糖値を計ります。炭水化物を抑えた食事と朝夕のウォーキング。インシュリン注射の効果もあって、空腹時が100以下、食後2時間も150前後と安定しています。それでもたまに、ちょっと油断してケーキなど食べ過ぎると血糖値が200を超えてしまうこともあります。血糖値測定器は200をこえると「ピッピッピッ」と三回アラームがなります。情報はこちら→横浜市 糖尿病をおすすめします。

 

 この音が結構耳に残るもので、病院に行ったとき、処置室でこの音がすると、見えなくても誰かの血糖値が200以上とわかります。稀に、この音が2回続けてなる時があります。この理由がわかりませんでした。
 ある日の通院で、処置室で体重を量っているとき、この音が立て続けに鳴りました。そちらを見ると、新人の看護師さんが首をかしげて「おかしいなぁ?」と言っています。師長さんがきて測定器を見ると「ああ、これは500までしか計れないのよ」と言いました。
 測定器でその数字を出した患者さんは、すぐ入院になりました。そうだったんですね!500までしか計れないのです。いくら糖尿病患者と言っても500を超えることは稀なことですから、血糖値測定器の計測上限は500までになっているのでしょう。